すばる鍼灸院

Acupuncture & Moxibustion

すばる鍼灸院

東横線大倉山駅より徒歩約10分

Tel : 045-547-3889

更年期

更年期障害とは?

更年期とは、閉経の平均年齢である50歳前後の、45~55歳ごろにかけての約10年の期間をいいます。

その間に現れる、様々な心身の不調を更年期障害と呼んでいます。

更年期障害のしくみ

卵巣から分泌される女性ホルモン(エストロゲンなど)が卵巣機能低下のため、減少していく。

血中の女性ホルモン濃度が低下

それを感知すると、脳から卵巣刺激ホルモン(FSH)が過剰に分泌される。

このエストロゲンの減少と、FSHの過剰分泌が、様々な不調を引き起します。生活に支障が出るほどつらい場合を、更年期障害といいます。

40代、50代で体調を崩した場合は、更年期障害を疑ってみてください。

更年期障害の症状

●自律神経症状
多汗/のぼせ/動悸/めまい/手足の冷え/疲れやすいなど
●筋肉、関節に起こる症状
肩こり/腰痛/肩痛(五十肩)/膝痛など
●精神的な症状
イライラしやすい/落ち込み、うつ/不安感/不眠/やる気が出ないなど
●その他みられる症状
頭痛/耳鳴り/むくみ/皮膚や口の中の乾燥/かゆみ/高脂血症/骨粗鬆症など

更年期障害と間違えやすい病気

糖尿病、甲状腺の異常、子宮筋腫などがあります。

更年期の鍼灸治療

このように、更年期障害は全身に様々な不調が現れます。どのような症状が出るか、またその強さもは個人差が大きくなります。

そのため、全身を診るといった鍼灸の長所がとても有効に働くのです。

●一度の治療で複数の不調に対応
のぼせ、イライラ、膝痛など、バラバラに見える症状があっても、同時に治療を進めることができます。
●こころの不調の改善も可能
更年期障害は、うつや意欲の低下などが、身体症状とともに現れることが多いですが、東洋医学ではこころとからだを分けずに診ます。気持ちが軽くなることで、からだのつらさも重く考えなくなります。
●よくなっていくことを実感できる
からだ全体的に楽になっていくことで、気持ちも前向きになります。
●他の病院にかかりながらでも治療できる
婦人科や心療内科での治療と並行して、鍼灸治療も受けられます。服薬中でも大丈夫です。
●リラックス効果も得られる
治療自体が気持ちいいので、非常にリラックスできます。不調を抱えていることによる疲れからも解放されます。

更年期は、これまで頑張ってきたからだを見直すのにとてもよい時期です。これまで頑張ってきた疲れを取り、これからの人生を充実させるための準備をするために、自分のからだを鍼灸でしっかりケアしてみませんか?